○音楽遍歴(マンドリンに触れる前)
・小学生の頃


 小学生の頃の音楽遍歴といっても、幼少の頃からピアノを習わされていたわけでもなく、特に好きでも嫌いでもなかった頃である。
 学校の授業では、先生のピアノの横で歌やリコーダーのテストといった、あまり面白いという印象はなかったように思う。音楽鑑賞の時間でも、眠気を誘うクラシックの音楽にうつろうつろになりながら、ほとんど記憶に残っていない曲に対し、感想文を書かされた記憶だけが残っている。
 ただ、リコーダーの覚えは割とよかったようで、音取りの遅い友人に指の押さえ方やリズムの取り方を指導していた記憶がある。
 しかし、今でもあまり変わっていないが、昔から“のみ”の心臓で本番に弱いのである。
 あれだけ自慢気に友人に教えていたはずなのに、先生のピアノの横でテスト開始になった途端、まともに吹けないのである。もう、しどろもどろで今どこの部分を吹いているのかさえ分からなくなって悔しい思いをした記憶が有る。もちろん、私が教えた友人たちは見事に吹ききったにもかかわらず...

 「音楽」って面白い!と思い出したのは、高学年になってラジオから流れる音楽を耳にするようになってから。
 もちろん、その頃は深夜のAMラジオで「オールナイト・ニッポン」なんて番組をやってる頃であり、私も聴いていた記憶がある。
 その傍らで流れる音楽。それが、学校の授業では聞いたことが無い音楽。もちろんテレビなどで歌謡曲(その頃はピンク・レディがブームだったような...)が流れていたので、その辺の知識はあったが、洋楽に触れたのが、ラジオが最初だった。
 今でも忘れない、私に衝撃を与えた曲。クイーンの「キラー・クイーン」。そして、ビリージョエルの「オネスティ」。もちろん、今でも大好きである。これが、ロックの扉を開けたことになるわけである。


NEXT
じぇり〜の落書き帳TOP


広島市民マンドリンクラブ

当ホームページ内の写真・文章・MIDIの無断転用を禁止します。